--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.20

コドモと共に!知っておきたい山に暮らすいきものたちのこと!

Category: 未分類
木曜日・・・・今日は お昼までが 通常保育です

午後から オトナに混じって お勉強会に参加します

なので 午前中は 目一杯 外で遊んでおきましょう

山小屋上の 広場で みんなのやりたいことを ひとつづつ・・・

走りたい!とご希望のみなさん・・・汗かきながら 走ったあとに

初めての チームわけをやってみました・・・

動物の名前 こ・あ・ら なら 3人チーム・・・か・めなら 2人チームなどなど

チームの中で チーム名や走る順番を決めたりを 自分達でやってみます

こんなところで ゆずることも場面の中で、でてきます

チーム名がきまらないときは・・・(ゆずれない!) 名前を羅列して チーム名を作ってみたり

はじめて やった リレー! 大騒ぎで おもしろかったね~



           DSCN3487.jpg


休憩の合間に こけが 森のようになっていたのが 面白くて

製作意欲をかきたてたみたいです

小宇宙・・・

              DSCN3491.jpg

さて・・・ 午後・・・ 今からどんなふうに 過ごすか・・

子ども達がしずかに過ごす 逃げ場として山小屋の2階が確保されています・・

           DSCN3492.jpg


今日は 兵庫県立人と自然の博物館の山内健生先生をお招きして

マダニの勉強を 保護者・子供・保育士・ 興味のあるつながりの方たちに 来ていただいてすることに なっています

さて?コドモに 聞けるのか?と思いますが 4~5歳児 虫が身近にいて

自分たちのこととして  参加してみよう!ということに なりました

マダニ・・・ 怖いイメージが 定着しています

数年前 神戸市でコドモを連れて森林公園を散歩しているときに

通りすがりに 「こんなとこ コドモ連れてきたら マダニにくわれて死んでしまうで」と言われたことをきっかけに

いろいろマダニについて、自分なりに調べたり、人に聞いたりしながら 野外の活動をつづけてきました

私はマスコミの取り上げ方も それを見たり 聞いたりする人々も過剰反応しすぎてはいないか?と思っている一人でした

山には 野性生物もマダニも ヒルもマムシも すんでいます・・ 暮らしています

そこに お邪魔しているのは人間です

そして わたし達は 山に入って自然から たくさんのことを 教えてもらいます

なので 山に暮らす人以外の 生き物たちの 暮らしぶりや性質を理解して お付き合いする

そういう意識を持つ こちら(人)の 佇まいが 大事なんだと思います

今回足を運んで下さった 山内先生 ダニの研究をされています

今日はわたしの ペットを連れてきました! とみたことのないマダニを みせていただきました

こどもたちも 興味津々

              DSCN3495.jpg


兵庫県に生息するマダニの写真を見るこどもたち・・

          DSCN3503.jpg


マダニの 基礎知識・マダニが 媒介する病気について・予防法・被害を 防ぐには・・・

等の内容の 講義のあと 実際にフィールドに出て マダニの採集にいきます


どんな ところに 住んでいるのかな?

         DSCN3509.jpg

山の方にいってみよ~

白い布についた マダニを 捕まえて 顕微鏡で見せていただきました

         DSCN3510.jpg

服装のところで・・・ ズボンのすそは靴下の中にいれておくのが いいです!と

先生がいわれると・・・ 子ども達の 素早い反応が おもしろかったです

最後まで・・ こどもたちが 参加できたこと・・・

協力してくださった 大人たちに 感謝します!


まるごとえんの活動時に 対処している マダニ対策が 間違っていないことを 実感しました!

マダニについて よく知ることが予防に つながる・・・・

なにより・・・山内先生が マダニの研究が大好きなんだと言うことが 伝わってきました

すきなことを仕事にしている人の 話を聞くこと・・・って 本当にいいな

こどもたちにも きっと 伝わっていると思います!

さよなら!あんころもち! また!きなこ!




 
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://marugotoen.blog.fc2.com/tb.php/173-5aa2feba
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。